忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネット上のニュースから転載

-----------------------------------------
沖縄基地「完全撤去も可能」=米大使館幹部、日本側に助言

 日本政府が沖縄返還を米国との交渉のテーブルに乗せようとしていた1967年7月、在日米大使館のザヘーレン参事官が「日本が強く決意すれば、米軍基地の完全撤去にせよ、基地付きの沖縄返還にせよ、何でも米側にのませ得るはずだ」と水面下で日本側に助言していたことが、18日公開の外交文書で分かった。
 この文書は、外務省の枝村純郎北米課長が7月17日に行った同参事官との懇談内容を書き留めた「極秘」扱いのメモ。同参事官は「離任前に話したいことがある」と枝村氏を呼び出し、「米国は日本か沖縄かの選択を迫られた場合、日本を取らざるを得ない。日本は自ら気付いている以上の強い立場にある」と、強気の交渉をアドバイスした。 
 ただ、「沖縄の施政権返還の方途」と題された極秘文書によると、日本政府は遅くとも同年8月10日の段階で「全面撤去は沖縄の米軍が重要な役割を果たしているとの政府の立場と両立しない」と判断し、完全撤去の選択肢を除外した。(2011/02/18-10:16)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011021800225


------------------------------
※外交史料館の該当資料目録(PDF)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/shozo/pdfs/okinawa_anpo_1102.pdf

拍手[0回]

PR

沖縄の東村高江と山口の祝島

ぼくがこの半年ほどで行ったことのある2つの場所が一つのニュースで紹介されていました。

2つの場所というのは沖縄県東村の高江地区と山口県上関町の祝島です。

高江では現在、米軍の新たなヘリパッドの建設が無理やり進められており、
祝島では現在、上関原発建設に向けた工事が無理やり進められています。

それらの動きについて琉球朝日放送がまとめたニュース映像がネットで見れますので、ぜひご覧ください。

基地や原発、ダムなどの巨大開発の問題の本質は、その事業の進め方=そこに暮らす人たちに対する態度にあると思います。それがどんなものなのかこのニュースからも少しはわかると思います。

琉球朝日放送報道部「リポート カヤック隊の若者達の思い」
http://www.qab.co.jp/news/2011021525873.html

拍手[0回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 

フリーエリア

【東日本大震災関連リンク】
政府救援情報のポータルサイト
Yahoo 救援総合サイト
支援団体ネットワーク
避難生活アイデア集
【東電原発事故関連リンク】
全国の放射能濃度
放射能濃度の可視化
福島第一原発の状況(原産協会)
首相官邸


 

最新CM

[10/16 ブログ主]
[12/28 ブログ主]
[12/28 ブログ主]
[03/27 しょう]
[02/03 ミノムシ]

 

プロフィール

HN:
風見ふう
性別:
非公開
自己紹介:

 

ブログ内検索

 

カウンター

 

アクセス解析